しがない感想置き場

特撮番組とかアニメなどの感想を投稿します。

トロピカルージュ!プリキュア 第30話

第30話「大選挙! ローラが生徒会長!?」

 

☆KSK「やあ、すまない!どうも今日は球が走り過ぎているようだ。」

桜川先生曰く、「生徒会長は夏までテニス部に所属していて、昔はあすか先輩とダブルスで大活躍していた」とのこと。

ちょっと待て、会長の部活シーンなんて何処にもなかったゾ。

第5話であすか先輩がテニスコートを物憂げに見つめていたシーンこそありましたが、会長がテニス部員としてパカパカボールを打ってるシーンなんて無かったでしょう?「既に退部済み」ではなく「この間まで両立してた」っていうなら、最初からそういう描写を持ってこないと。

一応あすか先輩に並ぶ身体能力の持ち主というのはありましたけど、上述の件もあってそれだけですっごい真実みたく新情報を提示してくるのは、伏線のパンチが弱くてあまり響いてこないんだよなあ。

そして、当のあすか先輩との関係性の掘り下げは0。来週から色々やっていくみたいですが、桜川センセ曰く「会長職と部活動を両立している」とのことだったので、会長職で一杯になって練習に打ち込めず、ペアを組んでいたあすか先輩の怒りと失意を買ったという展開では無さそうです。

まあ、あすか先輩も大概理不尽なので、会長から裏切られたと勝手に邪推して孤高を気取ってみた、というのは大いにありそうですが。

 

☆ローラ「海の中で学校生活が送りたい」

人間になった意味ェ

そもそも、ローラの「女王志望兼学校の長志望」という話が今回超久々に出てきて、それまで人間界で張り切る為にこれといった修練も何も積んでいない状態で、たまたま生徒会の総選挙があったという理由で張り切るのも、ローラのキャラが余計に安っぽく見えてくる所です。バカみたいに実現不可能な公約を提示するのも、一応人間界で挫折を味わっているにも関わらずこの体たらくなので、それに賛同するまなつちゃんも含めて、どうにもこうにもただのバカとしか言いようが無く。

気遣ってくれた皆を放っておいてスピーチを抜け出して皆の前に駆け付けるというのも、昔の人間は下僕路線ローラだったら出来なかったことだったのでしょうけど、成長の過程がアレなので大して劇的には見えず、そもそもピンチかどうかも分からない状態で仲間の好意を態々無にするのも変な話だし、信頼して任せるという発想も無いのかと突っ込みたくなるし、かと思ったら選挙が終わったのに対して「待っててって言ったのにー」とかぼやきだすもんだから、ムシのよさばかりが目立ってしまう所です。

結局ローラとしては、壮大すぎる公約に対する周りのウケが悪かったので、トロ部員同士で楽しそうな学校生活のネタを出し合ってキャッキャすることに終始し「まなつ達と仲良くした それが楽しかった まる」だけで終わったようにしか見えず、「自分の能力を推し量らず、出来ないことをテキトーに並べ立てる無責任」を克服したようには思えませんでした。バカ公約に呆れられたローラに対するまなつちゃんの「ローラがやりたいことをやればいいんじゃない」というアドバイスも、そういう問題じゃない感MAXだし。

 

☆風紀委員「生徒会長選挙落ちたンゴwww」

だって君具体的なこと何も言ってないじゃん・・・。風紀が大切って繰り返してただけじゃん。

てか、風紀を守らせる為なら風紀委員に専念すれば良いじゃん。常識人の皮を被ったラリパッパー路線は飽きましたぜ村山センセ。「S☆S」で輝いていた頃のあなたは何処に行ったんだい。