しがない感想置き場

特撮番組とかアニメなどの感想を投稿します。

仮面ライダーギーツ

仮面ライダーギーツ 第12話

人間を描いたら途端に歪になる我らが「ギーツ」。 なるほど、ライダーは「ゲームマスターの駒」では無いのだろうが、「ライターの駒」ではあるってことだな。寒いぜ! (姉を庇う小学生を見て)やめ就「君のおかげで大事なことに気づけたよ」 お爺ちゃんは!?…

仮面ライダーギーツ 第11話

この回自体はそこそこ面白かったです。 登場人物の描写は控えめで、逃走劇特有の疾走感と危機感や新情報の開示、そして台詞回しがちょっとカッコよかったのが大きかったのだと思います。人間を描かない方が面白い作品ってすごいなあ。 自分の腰のことばかり…

仮面ライダーギーツ 第10話

初優勝時に「死ぬまでグランプリに参加する」という願いを叶え、それからずっとグランプリの常連として勝ち残ってきたらしい主人公。デザイアグランプリで勝ち続ければ、叶えた願いがずっと引き継がれる様子。牛の人の「全てのライダーを潰す力を手に入れる…

仮面ライダーギーツ 第7話~第9話

これまで退場したライダーに対してはこれといった反応をろくすっぽ見せてこなかった動画配信者が、「世界が危ないのに自分の願いで戦ってて良いのかなー」と、命のやりとりが行われる中で貫かれる自らのエゴイズムに対していきなり悩みだすという、血も涙も…

仮面ライダーギーツ 第6話

あまりにもクルパーやらサイコやらダブスタやらが幅を利かすせいで、デザイアグランプリの参加要件は、「死ぬほど頭がイかれていること」説を唱えたくなってしまった今日この頃。侵略者討伐の為に有用な人材を消費するのはやんなきことだし、体力だけ有り余…

仮面ライダーギーツ 第5話

牛君の掘り下げが始まったようですが、この人も何がしたいのか今一つ分かりません。前回テロリスト予備軍と組んで他のライダーをハメていた姿から、周囲のライダーを敵視しつつも、その場の状況において必要とあらば敵と手を組むことも辞さない、勝つ為なら…

仮面ライダーギーツ 第4話

前回に続いて動画配信者の掘り下げ。掘り下げと言っても、おバカな部分をしつこく強調するだけと言う、脱力感満載のショボイ内容でしたが。 配信者への束縛が激しいのは、幼い頃に彼女が誘拐されたことで、母親がショックを受けたことが原因だったようですが…

仮面ライダーギーツ 第3話

就活君、デザイアグランプリを「より良い世界に変えるためのゲーム」と好意的に解釈していますが、前回面接官が死んだのは既に忘却の彼方なんですかね。自分の腕の中で人間が死んだ(というか、見殺しにした)のがトラウマになっていて、彼を生き返らせる為に…

仮面ライダーギーツ 第2話

死ぬほどつまらない第1話からの、死ぬほどつまらない第2話。 ヤンマーニアクションも無かったし、見所(というか聞き所)が佐橋サウンドしかないというのが虚しいよお。 前回「世界が終わるよぉ・・」とビビり散らかしていた割に、デザイアグランプリへの参加…

仮面ライダーギーツ 第1話

あの「リバイス」よりも壊れた作品になりそうという私の不吉な予想を的中させるように、只管眠気ばかりが襲ってくる強烈無比につまらない第1話でした。「ドンブラ」が目覚ましなら、「ギーツ」は子守歌ですね。 好みと言えばそれまでですが、自他による論評…